クラウドソーシングとは?デメリットを解決するサービスをご紹介

・付帯業務を減らしたい。
・デザインや翻訳を外注したい
という考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか?付帯業務や専門外の業務に対して、戦略的な経営手段として注目されているのがクラウドソーシングです。今回は、クラウドソーシングのメリット・デメリットをご紹介します。

そもそもクラウドソーシングとは?

・人件費を抑えたい
・必要最低限の業務を頼みたい
クラウドソーシングサービスとは、このような考えをお持ちの企業の方や個人事業主の方と、空いてる時間に仕事をしたい人とをオンライン上でマッチングさせる仕組みのことです。業務の打ち合わせから、依頼・受注まで全てをオンライン上で行います。

しかし実際には、

・コミュニケーションに手間が掛かる
・業務のマネジメントに時間が掛かる

という声もあるようです。

ではクラウドソーシングを行うことでどういったメリットがあるのでしょうか?

クラウドソーシングのメリット

・必要な時のみ発注可能
繁忙期や一時的にたくさんの人手が欲しい時に、スポットで発注をすることができます。

・依頼から発注、納品までのプロセスが短い
人を採用する場合や外注に比べ、手間が掛からず短い工数で業務が可能です。

・社内で不足しているスキルを補充可能
HP制作やデザイン、翻訳や単純作業など、専門外の業務や付帯業務をお願いすることができます。

・質の高い納品物を受け取ることができる
受注者が業務に対して経験が豊富で、依頼の際に擦り合わせがしっかりと出来ている場合には、低コストで質の高い納品物の受け取りが可能です。

・コスト削減
外注や、人を雇う場合に比べ低コストで納品していただくことができます。

しかし一方で、以下のようなデメリットもあります。

クラウドソーシングのデメリット

・コミュニケーションが取りにくい
進捗状況の報告や、詳細の打ち合わせをメールやチャットで行います。そのため方向性や詳細が伝わりづらいという声も聞かれます。また作業に当たる時間は、人によって異なります。夜間に作業をされている方が受注者の場合など、コミュニケーションが難しい場合は多いようです。

・オフラインの作業を発注できない。
全ての業務をオンラインで行う場合には、オフラインのみでしか対応できない業務については発注自体ができません。

・納品物のクオリティーが一定でない
業務をお願いする際には受注者のプロフィール欄を確認することができます。プロフィール欄には、過去の経歴・受注歴などを載せている場合がほとんどです。それらを参考に人選を行っていても、求める納品物の方向性や質とは異なる場合があるとの声が聞かれます。

・進捗確認などのマネジメントに手間が掛かる。
複数の方に対して業務を依頼する場合には、同じ説明を幾度となく繰り返さなければなりません。また進捗管理や、納品物のチェックなども行う必要がありますので、手間も時間も掛かります。

クラウドソーシングの問題点を解決するサービス

上記のような手間や、品質維持の課題に対して、注目されているのがオンラインアシスタントサービスです。

オンラインアシスタントとは

オンラインアシスタントサービスとは、在宅でインターネットを活用し業務サポートを行うサービスです。

クラウドソーシングと異なる点は、オンライアンアシスタントサービスは1つのプロジェクトに対して、チーム制で業務を行います。

窓口となる専属アシスタントが、コミュニケーションやチーム内のマネジメント業務・教育などを請け負ってくれます。業務開始時に、専属アシスタントと背景や業務のすり合わせを行いますので、その後は何度も背景や業務説明を繰り返す必要がありません。

また業務の幅も広く、クラウドソーシングで依頼することが多い、HP制作・デザイン制作や、翻訳などの他、バックオフィス業務・企画など幅広い内容をご依頼いただけます。

オンラインアシスタントの特徴

具体的には、以下のようなやり取りを行います。
・専属アシスタントとコミュニケーション
専属アシスタントが窓口となり、ご希望の業務や細かいすり合わせを担当いたします。また基本的にはチャット形式でのやり取りになりますが、状況に応じてビデオ会議や電話を使用した対応も可能です。

・一部オフラインの作業も可
HELP YOUでは人事などの一部の業務において、オフラインでお客様との打ち合わせが可能です。

参考:
◆オフラインで人事業務をサポートするサービスについてはこちらで詳しく紹介

・専属アシスタントがマネジメントまで担当
窓口となる専属アシスタントが、進捗管理などのマネジメントを担当いたします。

・即戦力人材を厳選して採用
業務を担当するオンラインアシスタントは、即戦力人材を厳選して採用しています。そのためクオリティーの高い納品物を仕上げることが可能です。

◆オンラインアシスタントサービスについてはこちらの記事で詳しく紹介

【体験談】クラウドソーシングとオンラインアシスタントの違い

実際に、クラウドソーシングとオンラインアシスタントを利用された企業様のインタビューをご紹介します。

●株式会社ライフエスコートさま

過去にホームページの制作(デザインやコーディング)や記事作成のためにクラウドソーシングを活用されていたという株式会社ライフエスコートさま。

クラウドソーシングを使用していた際のご感想は、
・納品物の質にばらつきがある。
・コミュニケーションが大変。同じ説明を何度も行わなければならない。
とのことでした。

現在HELP YOUにご依頼いただき、専属のアシスタントとのコミュニケーションをするだけで、

・週に10時間の時間短縮に成功
・納品まで完成させてもらえる
・とても楽になった

というご感想を伺うことができました。

また、

・質も予想以上にハイレベル。
・マニュアルを作ってくれたり、Googleアナリティクスや帳票、エクセルの関数などを指示していなくても対応してくれる

と、とてもご満足いただいているようです。

◆株式会社ライフエスコートの事例はこちらの記事で詳しく紹介

●タイムクラウド株式会社/ラフノート株式会社

時間共有ツール「TimeCrowd」の開発・運営や、その「TimeCrowd」やサイボウズの「kintone」、「ChatWork」などを活用した受託開発を行われているという、タイムクラウド株式会社さま、ラフノート株式会社さまにもご感想を伺いました。

現在、クラウドソーシングを使用されているとのことですが、
・コミュニケーションがとりにくい
・使ってみたらうまくいかなかった
・マネジメントの手間が掛かる
などのご感想をお持ちのようです。

クラウドソーシングとHELP YOUとの違いをお伺いすると、

・専属アシスタントの方がマネジメントを含め対応してくれる。
・納品物の質も含めて任せられる

とのことでした。

◆タイムクラウド株式会社/ラフノート株式会社の事例はこちらの記事で詳しく紹介

今回はクラウドソーシングの特徴と、オンライアンアシスタントをご紹介いたしました。
こちらの記事を参考に、オンラインアシスタントに興味を持っていただけましたら幸いです。

HELP YOUに問い合わせをする

オンラインアシスタントサービス
HELPYOUが選ばれる理由


オンラインアシスタントサービスは、雑務をスタッフに任せることでコア業務に集中でき、業務効率の向上に役立ちます。
もしこれからオンラインアシスタントの導入を検討するのであれば、ぜひ価格情報も含めた各オンラインアシスタントサービスを比較してみてはいかがでしょうか。


HELPYOUでは、

・150社への導入実績
・元大手企業のキャリアウーマンが多く所属
・バックオフィス業務からデザインまで幅広く業務サポートができる

といった特徴があります。
無料相談・トライアルプランも用意していますので、ぜひこの機会にオンラインアシスタントサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか?