【業務効率化が可能なサービス一覧】業務別に徹底解説します

自社の売上を伸ばすために、簡単にできる工夫は業務の効率化です。とはいえ、自社においてどんな業務を効率化するべきか悩まれる方が多いのも事実。

そこで今回の記事では、業種別に効率化できるサービスを紹介します。

業務効率を上げるためには、自社にあったサービスを利用するのが一番の近道です。業務の効率化を図ることで、売上を伸ばしやすくしたり従業員の数を倍にしたりすることができます。

これから業務効率を改善しようと考えている方の参考になれば幸いです。

業務効率を向上しやすいサービスとは

業務効率を上げるためには、自社においての無駄な業務を減らす必要があります。無駄な業務を減らすことでコストを減らしたり最適な人員配置をすることが可能です。

とはいえ、なかなかすべての業務を見直す時間を取ることは難しいのではないでしょうか。そこで、まずは業務効率化を促進しやすいサービスをいくつか紹介します。

情報管理

情報管理は、自社がもつ顧客データや売上などの情報を一括で管理することで業務を効率化することが可能です。

情報管理において、万全なセキュリティが欠かせません。また、必要な時にすぐに見つけられる操作性が大切です。

複数のソフトを使う場合、どのソフトに何の情報が入っているのかがわからなくなる可能性があります。そのため、1つのソフトですべての情報を管理できるサービスを使うのがおすすめです。

ビジネスインテリジェンス(BI)

ビジネスインテリジェンスは自社のデータを集めて蓄積し、分析しながら結果を報告することで経営の方針を決めやすくします。

管理だけでなく蓄積したデータを分析することで、自社の環境や市場に合わせた運営の方針に導くことが可能です。

情報共有

情報共有は、自社のデータをどこでも閲覧可能にし、資料作成も可能になります。

たとえば、営業が外で自社データを使う場合。商談で必要となるデータをその場で顧客に見せることが可能です。その結果、商談の時間を短くすることでコストを削減して効率アップを図ることができます。

業務効率化につながるサービス①勤怠管理

勤怠の管理を効率的にすることで、適切な労働時間を把握・管理することができます。労働時間を最適化にすると、労働基準法に違反するリスクをなくすことが可能です。

また給与計算と連携できるので、効率的に業務をこなして人件費を減らすことにもつながります。では、勤怠管理における業務効率化を目指す企業の方におすすめのサービスを説明します。

jinjer勤怠

jinjer勤怠は、残業や打刻の申請が簡単にできるサービスです。そのため、従業員の「面倒だから申請をあげない」ことを防げます。また、jinjer勤怠にはアラート機能がついていますので、承認忘れをなくすことが可能です。

従業員は、打刻するだけで出退勤の時間や残業の時間などの勤怠情報を自動で集計することができます。さらに希望の時間を入力するだけで、シフトを自動で作ることが可能です。

jinjer勤怠 公式サイト


ジョブカン

ジョブカンは、複数の管理人で利用できる勤怠管理サービスです。そのため、担当によっては操作できる範囲を制限することができます。

ジョブカンを利用する従業員は、操作する負担が少ないだけでなく管理者の承認する操作も少ないのが特徴です。

また、ICカードやLINE、Slackなどに対応しており、企業の環境によって使いやすい方法で利用することができます。

ジョブカン 公式サイト


KING OF TIME

KING OF TIMEは、導入のサポートが手厚い勤怠管理サービスです。

勤怠管理のシステム以外でも、給与システムや人事システムと連携が可能です。そのため、従業員の情報を1つのサービスで管理できます。

また、残業時間の把握したり設定した基準の残業時間を超えたりしているかをチェックできます。KING OF TIMEは、これから始めて勤怠管理のシステムを導入する企業にお勧めのサービスです。

KING OF TIME 公式サイト


タッチオンタイム

タッチオンタイムは、設置環境を選ばずに勤怠管理ができるサービスです。

タッチオンタイムのタイムレコーダーは、指紋認証・ICカード・パスワードの3つがあれば利用できるので、どの企業でも簡単に導入することができます。

勤務時間の管理を自動で行ってくれるだけでなく、パターンを設定することで簡単にシフト作成が可能です。

タッチオンタイム 公式サイト


バイバイタイムカード

バイバイタイムカードは、勤怠チェックの動作が早いことが特徴です。

打刻には、スマホやICカード、生体認証など多くの方法が用意されています。そのため、従業員の状態によって打刻の方法を変えることが可能です。

また、専門のコンサルティングチームがあるので、変則的な就業規則でもシステムの構築ができます。バイバイタイムカードは、従業員の業務が幅広い企業におすすめのサービスです。

バイバイタイムカード 公式サイト


HELP YOU

HELP YOU勤経費の精算管理やデータの入力など、会社運営に重要となる業務を依頼することができるアウトソーシング会社です。

HELP YOUでは担当する業務を1つのチームで取り組んでおり、業務のスピードはもちろん、クオリティの高さも評価されています。そのため、利用者の満足度が97%を超えるほどの人気を誇っています。

HELP YOU 公式サイト
アシスタントの丁寧なヒアリングで、業務の効率化が叶う 株式会社ビー・ファクトリーさま

業務効率化につながるサービス②人材管理

人材管理の効率化を図ると、自社に最適な社員を確保することができます。

人材の管理を効率的にすることで管理時間を短縮することが可能です。その結果、自社が進めるべき事業を進めることができます。

カオナビ

カオナビは、顔写真を使って直感的に人材の情報を把握することができるサービスです。人事の評価や情報を1つのアプリで管理することできます。

人材の配置や能力などの社員情報を顔写真を見ながら管理することができるので、たくさんの社員を抱えても心配いりません。

カオナビは人材の管理だけでなく、目標の管理ができて人事の評価をする機能も付いているため、効率的に評価をすることが可能です。

カオナビ 公式サイト


saireco(サイレコ)

saireco(サイレコ)は、従業員の過去から現在までの情報を管理でき、人事の情報を蓄積して見える化できるサービスです。

社内のロールモデルとなる人材の情報を分析することで、自社の基準に合った採用や育成ができます。そのため、効率的な採用や育成を目指すことが可能です。また、直感的にわかりやすく操作できるのも人気の理由です。

saireco(サイレコ) 公式サイト


Profile Manager

Profile Managerは、社員の情報をデータベース化してマネジメント効率を上げる人材を見つけやすくするサービスです。

社員の情報を見えやすくすることで、社員の情報を把握しやすくします。また、管理している情報や項目を絞り込んで検索できるので、必要な人材をすぐに見つけることが可能です。

社員の情報を一目で把握できると、経営会議や人事会議の効率があがり、最適な判断をしやすくします。

Profile Manager 公式サイト


HELP YOU

HELP YOU勤怠管理だけでなく、人事業務を依頼することができるアウトソーシング会社です。

たとえば、採用計画のサポートや求人掲載、説明会の資料作成など、自社の運営や人材に関わることを担当してもらえます。

業務はチームで取り組むため、実績のある担当者が最適な採用者を選ぶことが可能です。また、依頼を続けることで自社の方向性を理解して結果が残りやすいです。

HELP YOU 公式サイト
コストを3分の1に削減!自分自身の生産性も向上 株式会社nottecoさま

業務効率化につながるサービス③経理代行

経理を代行すると社内に経理の担当者がいなくても運営することが可能で、コスト削減ができます。スピードが速く効率的な業務の体制を取り入れることができます。

メリービズ

メリービズは、独自のAI機能を用いて経理をサポートするサービスです。

独自のAIが仕分け入力の補助をしたりベーシックなカスタマイズをしたりと、いろいろなプランを用意しています。

メリービズは、上場企業から個人事業主まで利用しており、さまざまな要望に対応しています。また、プライバシーマークを取得して安心の情報管理と低コストでの運用が人気となっています。

メリービズ 公式サイト


NOC日本アウトソーシング株式会社

NOC日本アウトソーシング株式会社は、NOC経理アウトソーシング部門で経理の代行業務をしています。

経理の代行は、常駐と業務委託を選ぶことができ、自社の課題を改善するコンサルを受けることが可能です。

そのため、経理を外部に依頼したい企業はもちろん、経理の業務をコンサルを受けながらすべて自社で完結させたい企業にもおすすめのサービスになります。

NOC日本アウトソーシング株式会社 公式サイト


株式会社アックスコンサルティング

株式会社アックスコンサルティングは、税理士の全国チェーンによる経理の代行をサポートするサービスです。

記帳や経理代行のパッケージを準備することで、効率化および高収益化のサポートを受けることができます。

クラウドによるサービスがメインになっており、経理の負担を軽減しやすいサービスです。

株式会社アックスコンサルティング 公式サイト


HELP YOU

HELP YOUでは、請求書や見積書など商談に必要な資料作りも依頼可能です。

他にも、資金調達や助成金申請のための資料作成、事業計画書の作成も依頼することができます。その上、発受注や売上の管理から、出荷・在庫の管理も担当しているので、自社の問題に合わせて依頼することを選ぶことができます。

自社でするべき業務を進めながら人件費などのコスト削減に繋がりますので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

HELP YOU 公式サイト
ビジネスプランコンテストで優勝!HELP YOUのサポートチームが支えに ファイオン株式会社さま

まとめ

今回の記事では、業務効率化におけるサービスについて紹介しました。業務を効率的に進めることで売上アップしやすい環境を作ることが可能です。

自社にとってどんな業務がネックとなっているのかをはっきりさせてから業務を依頼することで、効率的に業務効率化を目指しましょう。

これから業務の効率化を図るのであれば、まずは自社の業務を見直して無駄な作業がないかチェックするところから始めることをおすすめします。

HELP YOUでは、採用率1%のプロが幅広い業務に柔軟に対応しています。まだアウトソーシングサービスを活用したことがない、という方もお気軽にお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせはこちら

間接部門をコストセンターから脱却させる3ステップ!生産性向上のヒントを公開

貴社の 生産性向上診断付き!
Saasツール導入とアウトソース化による生産性向上事例


日本企業が抱えている「生産性」の停滞、人手不足といった問題。
2030年には日本全体で約700万人の人材不足が予測されています。
そうした状況の中でも伸びている会社とはどういう会社なのか。

「今ある労働力をどう最大化させるか」「新しい労働力をどう確保するか」の観点からどうすれば伸びる会社となるのか、具体的な取り組みをご紹介します。



今回は間接部門と言われるバックオフィス業務(総務・人事部門、経理部門、調査部門、研究開発部門、顧客管理部門など)に焦点をあて、

・業務のアウトソース
・ITツール導入による業務の効率化・情報のデータ化
・雇用形態の多様化を導入

のステップで間接部門の生産性向上を図る取り組み例をご紹介します。

今、注目されている生産性向上の一手段として、参考になれば幸いです!