弱小メディアでも検索上位独占!SEO記事ライティング5つの極意

「Webの知識がなくライティング未経験で・・・」
「SEO対策について全くわからない・・・」
「アクセスがなかなか集まらない・・・」

こんなお悩みを少しでも抱えてはいませんか?
Web記事のライティングは、ポイントを押さえているかどうかで、大きく成果に関わります。

「ライティングの成果が出なかったらどうしよう・・・」

こう考えて不安になることも少なくないWeb記事のライティングですが、たった5つの極意をマスターするだけで、弱小メディアでも検索上位を独占することができます。

今回は、弊社HELP YOUのメディアで検索順位を独占できた結果をもとに編み出した5つの極意を大公開していきます。

結果に基づく最新のSEO対策を体系的に解説していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

記事を書く前にすること

自分で記事のライティングをする場合、執筆に慣れていない人であるほど、事前準備をしっかりすることをおすすめします。その中でも必ず押さえておきたいポイントをふたつほど紹介しましょう。

ペルソナを細かく設定する

「ペルソナ」とは、その商品やサービスを利用するであろう典型的な人物像のことです。記事ライティングの最終目標は、商品やサービスを購入してもらうことかと思います。そのためには、商品やサービスを利用してくれそうな人物に訴えかける文章を書かなければいけません。

ターゲットの心に響く文章を書くためには、そんなペルソナをできるだけ細かく設定しなければいけません。ペルソナを設定する際には、

性別
年齢
住所
職業
年収
体型
…etc

など細かく設定すればするほど、記事に必要な要素や構成、文体が自然と見えてきます。

同業他社の記事を参考にする

何から書けばいいのかわからないという人は、まず同業他社のホームページやパンフレットに書かれた記事を片っ端から読んでみましょう。他社がどんな商品・サービスを紹介しているのか、どんな文章を書いているのかを参考にしてください。そして、よいなと思ったところは、どんどんマネして自分の文章に取り入れてみましょう。ライティング回数を重ねていくうちに、印象的な文章の書き方がわかってくるはずです。「真似るは学ぶ」と考え、まずは書いてみることが重要といえます。

記事ライティングのテクニック

Web上の記事は、大学のレポートや小論文、また小説などとも書き方が違ってきます。記事ライティングをするときにはそれぞれの違いを踏まえた上で、Web記事特有のライティングテクニックを押さえておくことが非常に重要です。ここではWebライティングならではのテクニックを紹介します。

起承転結よりもPREP法を

国語の授業では「文章は起承転結が大切」と教えられてきたと思いますが、Webライティングにおいて、この方法はあまりおすすめできません。
起承転結に則って書けば

事の起こり
続き
逆転
結論

の流れになりますが、Webページでこの書き方をすると冗長に感じるのです。

小説などの書籍とは異なり、Webページを開く人の多くは「結論をすぐに知りたい」と考えているものです。結論がすぐにわからなければ、すぐにそのページを閉じて別のページに移ってしまいます。こうなれば、当然リピーターも期待できないでしょう。

こんな状態では、どれだけ記事を書いても検索順位は上がっていきません。インターネット読者から好まれる「わかりやすい文章」を書くためには、PREP法を意識することをおすすめします。PREP法とは

Point(結論)
Reason(理由)
Example(例)
Point(結論)

の順番で文章を組み立てる方法です。結論を先に伝え、後から根拠や具体的なたとえを入れ、最後もう一度結論で締めくくることで、読者にはわかりやすく端的に伝えられます。これから文章を書く人は、ぜひPREP法を意識してみてください。

タイトルと見出しはとても重要

書籍と同様、Web記事の見出しは非常に重要です。Webページのタイトルは、Googleなどの検索結果で全文が表記される32文字以内が理想的といわれています。

Webサイトの顔であるタイトルには
1.読者の目に触れるように、メインキーワードはタイトルの最初の方に入れる
2.読者がためになると感じる要素を入れる(儲かる、効率化できる、痩せる…など)
3.数字を入れると説得力が増す(98%が支持、100万人達成…など)
4.読者に行動を促すように簡単な例を示す(たった5分だけ、わずか100円で…など)
5.「?」や「!」でインパクトをつける

の5つを頭に入れながら考えると、良い案が浮かんでくるでしょう。

また、1記事あたりが1,000文字以上の長文になる場合、数百文字ごとに区切って見出しを入れると非常に読みやすくなります。この見出しは、何のことについて述べているのかわかりやすいように書きましょう。

自社で記事を書く際の注意点

もしも自社で記事を書くことになれば、文章が苦手な人が担当になることもあるでしょう。そんなとき、簡単に意識できるいくつかのポイントを紹介します。

難しすぎる言葉はNG

一般的なWeb記事では「小学校高学年から中学校一年生が読んでも理解できる」レベルの文章が理想的とされています。専門用語が多い記事となると、ついつい文章が硬くなりがちですが、なるべくであれば読みやすい文章を心掛けましょう。

また、漢字は文章全体の3割程度におさめて、常用漢字のみを使うようにしてください。「様々」や「色々」はつい漢字で書いてしまいがちですが、記事では「さまざま」、「いろいろ」と平仮名表記が好ましいとされています。

画像・表・色分けを効果的に使う

同じ大きさ・書体の黒文字文章ばかりが続くと、どうしても読者の集中力が途切れがちです。そうならないように見出しごとに画像を取り入れる、複雑な説明は表を取り入れる、重要箇所は太文字や色文字にするなど、ちょっとした工夫を取り入れるだけでとても読みやすい記事になるでしょう。

記事ライティングを外注する理由

試しに自分で書いてみたものの、どうしても納得のいく文章が書けないという人は、思い切ってライティング専門の業者に外注することをおすすめします。記事作成のプロに任せることで、SEO対策やコンテンツの充実化などさまざまなメリットを期待できるでしょう。

SEO対策がばっちり!

「SEO対策」とは、特定のWebサイトが検索上位に表示されるようにサイトのつくりを最適化することです。自社サイトの順位が上がれば上がるほど、読者の目にも止まりやすくなり、多くの訪問者を期待できます。

SEO対策には、キーワードを多く取り入れる、わかりやすいコンテンツ作りなどさまざまなテクニックがあり、ノウハウのない人がいきなり万全の対策を取るのはかなり難しいことなのです。
SEO対策を熟知したライターに依頼することで質の高いコンテンツを期待でき、読者数の増加や、最終的には商品の購入やサービスの利用を期待できるでしょう。

コンテンツの充実化ができる

Webサイトの情報量が少なかったり、魅力のない文章だったりすると、訪問者数は途絶えがちになり、当然のことながらリピーターも増えません。読者を着実に増やしていくためには、コンテンツを充実化させて魅力のある記事をたくさん制作する必要があります。

しかし、本業がある人にとって大量のコンテンツを短期間で作成するのはかなりハードです。そこで外注ライターを頼むことで、複数の記事をまとめて作成してもらえるでしょう。

おすすめの記事ライティング外注先①品質が高い

外注ライター紹介サイトを検索してみるとたくさん出てきて、どこが一番いいのかわかりづらいものです。ここからは①品質②価格③実績別におすすめの外注先を紹介していきます。

HELP YOU


「HELP YOU」は、ライティングスキルを持ったアシスタントが、チーム制でさまざまな業務に対応しています。記事の内容はブログやコラム、商品紹介と幅広く、需要の高いメールマガジンやSNSの原稿作成も依頼できます。ライティングだけではなく、リサーチや校正も月額定額料金制で依頼可能です。画像加工やデザインなど、クリエイティブな業務を請け負うこともあります。
契約時間内であれば、ライティング以外の業務に対応できるところは大きな魅力です。
月30時間8万円~とリーズナブルな料金体制、1人分以下の人件費で幅広い業務がまかなえると好評を得ています。

 
サービスサイト:HELP YOU

 


かくたま


SEOコンサルティングを10年以上手掛けたライティング会社が運営する「かくたま」。大手企業のコンテンツ記事を手掛けるなど、業界内でも文章のクオリティに定評がある代行業者です。独自のライティングシステムを展開していて、幅広いレギュレーションにも対応可能。複雑な記事の執筆も相談できます。

文字単価は3.5円~と決してお値打ちではありませんが、その分品質の高い記事を期待できるでしょう。

かくたま

おすすめの記事ライティング外注先②価格が安い

価格の安さがウリの外注先も少なくありません。ただし、安価な業者にはライター経験がほとんどない、半分素人のライターが在籍していることもあります。高い品質を求めるのであれば価格だけではなく、ライターの質も頭に入れて選びましょう。

クラウドワークス


国内最大の登録者数を誇るクラウドワークスは、クライアントとワーカーのマッチングができるクラウドソーシングサイトです。ライターだけではなく、営業代行やホームページ作成、アプリ開発なども依頼できるので、さまざまな業務を簡便化することができます。

価格はこちらから指定できるので、予算に合ったライターを見つけられるでしょう。ライターの質を求めるのであれば、プロ認定を受けたハイレベルのライターを探してみてください。

サービスサイト:クラウドワークス

 


ZETTON


1文字0.7円~というリーズナブルな価格設定が魅力の「ZETTON」。専任のディレクターが納期の管理や品質チェックを行っているので、スムーズに契約を進めたい人におすすめです。1記事から大量発注まで対応しているので、自社のコンテンツに合わせてオーダーできます。
記事のタイプはコラムやブログ、商品説明や口コミまで幅広く手掛けています。必要であればコピペチェックや校正も依頼できるので、記事作成の手間を大幅にカットできるでしょう。
無料の1記事作成サービスを利用することでライターの質を事前にチェックでき、ミスマッチを防げます。

サービスサイト:ZETTON

おすすめの記事ライティング外注先③実績が豊富

多くの記事を手掛けてきた実績豊富な外注先であれば、安心して依頼できるでしょう。圧倒的な成果を出している2つのライティング代行会社を紹介します。

アンカー


立ち上げ後、わずか半年で3000%という驚異の成長率を遂げている「アンカー」。自社メディアのSEOで圧倒的な成果を出しているメディア編集長が記事をチェックしているので、SEO対策はばっちりです。わずか6カ月という短期間で検索3位以内のキーワードを565個達成しています。

半年でPV数2倍を達成したり、集客力がアップしたりした企業も多く、実績は抜群。業界最安値にもチャレンジしていて、クオリティが高い割にはリーズナブルに依頼できる点も魅力です。

サービスサイト:アンカー

 


リファイド

ニュースやコラム記事、また商品紹介を得意としているのが「リファイド」。介護・医療から転職、美容、自動車、サービスと幅広い業界を手掛けてきた実績があるので、どんな業界の人でも依頼できるでしょう。海外在住の日本人ライターも在籍しているので、海外ネタもOKです。

管理システムによって自動更新を行っているので、頻繁にコンテンツを更新したいという人におすすめ。ライターも数多く在籍しているため、高頻度の更新も相談可能です。レンタルサイトプランもあり、ホームページをゼロから立ち上げることもできます。

サービスサイト:リファイド

まとめ

日本語を話すことは誰でもできますが、人の心に訴えかける、効果的な文章作りをするのはなかなか難しいものです。また、Webメディアとなると競合他社との競争も激しいため、頭ひとつ抜き出た魅力的なサイトを作るためには、ある程度の記事ライティングテクニックが必要です。

本業で忙しい人にとって、ライティング作業はきっと大きな負担になるかと思います。費用を抑えるために自社での作成を考えている人も、ライティング代行業者に依頼したほうが効率的になるかもしれません。

SEO対策を熟知し、文章を作成し慣れたプロのライターによって、クオリティの高い記事を期待できるでしょう。

オンラインアシスタントについて相談/お問い合わせ