利益を最大化!記事作成外注サービスのメリット・デメリット

・「記事の外注を考えているけど、どこに依頼したらよいのか分からない…」
・「今までに良い記事作成外注サービスに出会えたことがない…」
・「高品質な記事が書ける外注先が見つからない…」
・「記事の外注だけじゃなくて、マニュアル作成もお願いしたい…」

と思い悩んでいませんか。

記事作成の外注には、こんなメリットが考えられます。
・記事作成に費やす時間を短縮でき、他の業務に集中できる
・専門性の高い記事を依頼することができる
・短期間に多くの記事を確保することができる

この記事では、記事代行にまつわる押さえたい3つのポイントについて更に詳しく解説していきたいと思います。

【この記事で分かること】
・記事の外注のメリットデメリット
・記事作成を外注する際の注意点
・おすすめの記事作成の外注サービス

 

記事作成を外注するメリット

あなたが記事を外注したい理由はなんでしょうか。
・上手いコンテンツマーケティングを実施したい
・記事作成より、運用を進めていきたい
・自社webサイトやSNS、メルマガをより充実させたい
・専門的な記事を経験者に書いてもらいたい

等、悩みは様々でしょう。
いうなれば「ユーザ(読者)視点」の記事が書ける外注先が理想ですよね。

記事作成の外注のメリットとしては、主に3つ。
・時間を短縮し、コア業務に集中
・SEO対策
・短期間で記事を大量に用意することが可能

などが挙げられます。

以上のメリットを念頭に上手く記事を外注できると、あなたの目的がスムーズ達成できるだけでなく、ユーザ視点の記事で、利益を最大化することができるかもしれませんよ。

まずは、記事作成を外注するメリットを詳しく理解していきましょう。

 

別の業務に集中することができる

こちらが一番のメリットと言えるでしょう。自社webサイトやSNS、メルマガをより充実させるためには確かに記事が必要ですが、記事の作成に時間をかけていては、その先の運用計画がスムーズにいきませんよね。

運用を円滑に進めるために、記事作成を外注し、時間を捻出しましょう。

ご自身が1時間でどれくらいの量を書けるか、ご存知でしょうか。

実際に記事を書き始めると分かりますが、数記事は満足に書けても、そのうち内容に困ったり、SEO対策のためにキーワードに悩んだりして、継続して記事を書けなくなるのではないでしょうか。

そもそもライティングには、大きく3つのフローがあります。

・前準備
 「誰」に「何」を伝えるのか、アイディア出し、情報収集
・下書き
・推敲
 ユーザにとって有益な情報か否か、誤字脱字等

 

これだけ見ても、なかなか面倒な作業ですよね。以上にプラスで、SEO対策も考慮していく必要があるでしょう。

そのなかでも、特に時間がかかる下書きと清書を外注することで、時間短縮を叶えることができます。

参考:劇的改善!初心者向けWebライティングの基本手順 | スタッフブログ | クーネルワーク – 新潟 ホームページ制作

 

SEO対策済の記事が作成できる

SEO対策の知識がほとんど無い、自信が無いという場合は、更に記事作成の外注をオススメします。

記事の質を担保したい場合は、サービスの選定を身長に行う必要がありますが、外注することで、ライターさんに最低限のSEO対策を実施してもらえるからです。

そもそも、Googleなどの検索エンジンで上位に表示されるには、どうしたらよいのでしょうか。これを達成するには、ユーザへ役立つコンテンツが用意できていることが大事ですね。

執拗ですが「ユーザ視点」が大事になってきます。皆さんは欲しい情報があるときに、どのようなタイトルのものを開きますか。

例えば、以下のキーワードで検索したとします。

【検索キーワード】
「記事 作成 外注」

【検索結果上位】
「オススメの記事作成外注サービス先10選!」
「記事を初めて〇〇〇へ外注してみたら レビューと感想」
「記事外注をおすすめする理由としない理由」

 

多くの方々が、検索時にタイトルを精査し「どのサイトが自分の欲しい情報を簡潔にまとめてくれているか」という基準をもとに、記事を閲覧するかしないか決めると思います。

先ほど、記事は長文であればあるほど良いと述べましたが、タイトルは、記事の中身より重要と言えるでしょう。

なぜなら、インターネット検索したときに表示されるのは、あくまで「タイトル」であり、ユーザにとって役立つコンテンツかどうか、記事を読むか読まないかの初期判断材料となるからです。

記事の中身がいくら良くても、ユーザに読んでもらえなければ、意味がありませんよね。ライターさんは、こういったSEO対策も意識しながら、上手く記事を作成してくれるでしょう。

 

コンテンツを簡単に充実させることができる

記事作成を外注することで得られるメリットは時間短縮、SEO対策だけに留まりません。

一つのアイディアでも、ライターの数だけ、記事が増えていきますので、一気に複数の記事を準備することが可能です。

更に、経験者にのみ語れる体験談や、専門性が高い内容の記事が欲しいときでも、外注することで叶えることができます。

経験者にのみ語れる体験談や専門性が高い内容の記事を、経験者ライターへ依頼することは、外注発注者のあなた以外にも読み手のユーザにとってもメリットが多いのです。

なぜなら、経験者や特定の分野に知見がある者が作成した記事は、そうでないものが書いた記事と比較して、圧倒的に、記事の深さと説得力に違いが出るからです。

こういった記事の作成を外注することで、簡単にコンテンツを充実させられるだけでなく、読み手のユーザにも満足してもらえる記事が用意できるなら、外注するほかないですよね!

 

記事作成を外注するデメリット

これまでに以下のメリットを理解できました。
・時間を短縮し、コア業務に集中
・SEO対策
・短期間で記事を大量に用意することが可能

記事作成の外注は、メリットだけ得られるものなのでしょうか。こちらでは、記事作成外注デメリットをご紹介いたします。

 

記事の質のコントロールが容易ではない

記事作成の外注では、どのように記事の質をコントロールするのがよいでしょうか。

あるアイディアやお題を元に条件を設定、マニュアルを作成し、ライターさんへ作成を依頼することがほとんどかと思います。

このマニュアル作成が、なかなか難しいかもしれません。なぜなら、ライターさんが作成する記事の肝となるので、しっかりとマニュアルを通じてディレクションが出来ないといけないからです。

良いマニュアルを作成するには、SEO対策の知識を持っていなければなりませんし、ライターさんにニーズを理解してもらえるようなコミュニケーションスキル等が必要になってきます。

用意するマニュアルを元に、ライターさんは記事を作成していくので、マニュアル作成は手抜きをしないようにしましょう。

記事の質をコントロールする方法としては、マニュアル作成以外にも、以下があります。
・OJT
実際のライター業務を通して、ライターさんを指導する
・オンボーディング
ライターさんが早期に活躍できるよう、組織としてサポートする仕組みをつくる

等が考えられます。

時間と予算と相談して、どの方法がベストであるか見極めていきましょう。

参考:OJTとは?いまさら聞けないOJTの意味や基礎知識とは | BizHint(ビズヒント)- 事業の課題にヒントを届けるビジネスメディア
参考:記事外注マニュアル作成のポイントとは | SEO研究所サクラサクラボ
参考:オンボーディングとは?新入社員が活躍する、組織作りの事例とツール【計7選】 | SELECK [セレック]

 

記事の品質を確保すると高コストになりやすい

主婦から学生まで、今日はライターが氾濫している時代にいますので、記事の価格はピンからキリと言えましょう。裏を返せば、ライターの質も同じくピンからキリということです。

1文字0.5円~のライターさんがいれば、1文字1.5円~のライターさんだっています。

一般的には、1文字0.5円~のライターさんに依頼すると、なかなか高品質な記事(ゴミ記事と揶揄されることも…)を期待することは難しく、1文字1.5円~だと期待できると言われています。

記事のアクセス数を確保できる、3000文字以上で依頼すると、以下のような結果になります。

塵も積もれば山となるというように、この3,000円の差は結構大きいですよね。

【1文字0.5円~のライターさん】
3000×0.5=1,500円

【1文字1.5円~のライターさん】
3000×1.5=4,500円

計:3000円の差

 

時給単位で依頼を受け付けるライターさんもいますので、以下にご紹介します。

大手クラウドソーシングの「Lancers」の認定ランサーさんは、3,000円/1時間となります。工数がかかるだけ、外注費もかかるということですね。

それでは、以下の条件で、依頼すると価格はどうなるでしょうか。

【大手クラウドソーシングの「Lancers」の3,000円/1時間の認定ランサーさん】

文字数:3000文字以上(記事のアクセス数を確保できる)
記事を書く速さ:800文字/1時間(プロ)
3000文字記事作成時間:4時間(最低時間)

3000×4=12,000円

 

これは決してリーズナブルな価格とは言えないですよね。以上のように、価格帯に大きな幅があることが理解できました。

記事のクオリティを求めて、毎度プロのライターさんに依頼したいところではありますが、現実面では、予算で厳しい方々がほとんどではないでしょうか。

参考:【記事の外注】死んでも記事作成を代行業者に依頼したくない7つの理由 | 文章・記事 | ブログ部
参考:ライティングのプロへ依頼/外注 – 料金・実績一覧 | クラウドソーシング【ランサーズ】5007人

 

ズレた記事が出来上がる可能性がある

ズレた記事が出来上がる理由は、大きく二つあります。
・ライターのレベル
・ディレクションミス

出来ることなら避けたいものですが、記事作成を外注しているだけに、このリスクは回避で出来ないと言えます。
まずは、「ライターのレベル」からご説明しましょう。前述しているように、ライターの質は様々。

予算が限られており、安価なライターさんに依頼するしかない場合は、ズレた記事を書いてしまう傾向が高いライター未経験者は避けておきましょう。

プロのライターさんにお願いする場合は、ライティングだけでなくニーズを理解するスキルも高いことが多いため、ズレた記事が出来上がる可能性は限りなく低いですが、そうでない場合はこの限りではありません。

ズレた記事のリスクを限りなく低くするには、しっかりとコミュニケーションをとれる複数のライターへ依頼してみるのも、良いかもしれません。

更に、依頼したい記事がどのライターさんに合っているのか、しっかりと見極める必要もあるでしょう。ライターさんの得意不得意ジャンルも、一つの指標にできますね。

 

次に、「ディレクションミス」です。ライターさんに、指示をポンっと簡単に投げるだけでは、ズレた記事に繋がりやすいです。

参考例でいうと、ライターには以下の指示を与えられるといいでしょう。
・どんな内容を、どれだけの濃さで書いてほしいのか
・読者をどのターゲットに絞っていくのか
・キーワードは何か、トンマナはどうするのか

など出来るだけ、細かく詳しい指示が望ましいです。

可能であれば、こういった指示をまとめたマニュアルを、ライターさんへ用意してあげるとよいですね。

しかしながら、ライターさんも求められた記事を書き上げる保証はできません。

しっかりしたマニュアルがあっても、事細かくディレクションしても、自分が想像していたものと全く異なる記事が出来上がる可能性があることを理解しておきましょう。

 

記事作成を外注する際の注意点

ライターさんとのとコミュニケーションの重要性

前述しているように、記事の外注においてはディレクションが重要となります。この部分で手を抜いては、ズレた記事が出来上がりやすいです。

どういった目的で、どのキーワードを盛り込んでいくのか等、ユーザにどんな内容を伝えていきたいのかを明確にしたうえで、ライターさんに漏れなく伝えていきましょう。

ほとんどのやり取りは、メールやチャットが主流ではないかと思いますが、テキストで伝えにくいときには、リモート会議を設定するのもよいでしょう。

将来的に長い付き合いを見据えた外注なら、尚更です。一見手間かと思いきや、こちらは双方にメリットがあります。

なぜなら、文章で伝えづらい内容を直接ライターさんへ説明できるほか、ライターさんの理解度もその場で分かるからです。

同様に、ライターさんもあなたから直接話を聞くことによって、ニーズを理解でき、不明点があればすぐに確認することもできます。

記事を外注してみて、一度も成果につながるものを得られたことがない方、ライターさんとこのような機会を一度設けてみてはいかがでしょうか。

 

納品記事のタイトル、内容チェック

「外注しているんだから、問題なし!」と、記事を読むことを怠るのは避けましょう。記事を公開する前に、隅々までチェックすることをお忘れなく。

タイトルは、記事の顔となります。リンク先は閲覧できるか、誤字脱字はないか等、細かいことではありますが、しっかりと修正しておきましょう。

まさかコピーペーストではないかと不安な場合は、公開前に、ソフトウェア等を使って確認しておくのもよいでしょう。

 

おすすめの記事作成の外注サービス

ディレクションから記事作成まで、トータルサポートを提供する「HELP YOU」

https://help-you.me/

大手サービスに登録しているライターさんに任せるよりも、スキルの高い幅広いライターを利用できるだけでなく、ノウハウを蓄積できる専属ディレクターを採用しているサービスを利用した方が、記事作成の外注先としてオススメです。

記事の作成だけでなく、SNS運用等のトータルサポートも可能なオンラインアシスタントの「HELP YOU」をご紹介します。

料金は月額8万円から(工数30H/月)と、大手記事外注サービスと比較すると、高めの料金設定では思う方も多いでしょう。

HELP YOUの最大の強みは、記事を外注するにあたる様々なお悩みに対応できるフレキシブルな丸ごとサポート体制にあります。

あなたの専属ディレクターと実績のある優秀なライター(採用率1%!)が一丸となって、面倒なマニュアル作成からもちろんSEO対策まで、サポートいたします。

このような万全の体制だと、ライターへのディレクションの手間を省けるだけでなく、ライターへの理解度も高まりますので、高クオリティな記事も期待できますよね。

更に、様々ななジャンルの精通したエキスパートが集結しているHELP YOUなら、リサーチ依頼等も同時に可能なので、記事作成外注先にうってつけのサービスです。

驚愕の継続率97%を誇る、利用者サービス満足度の高いHELP YOU。記事外注先として既に多くの企業さまにご愛顧いただいています。

HELP YOU導入例の詳細はこちらをご覧ください → 有限会社ソラさま導入事例

■料金:月額8万円~(30時間/月)
■対応可能業務:記事作成、SNS/ECサイト運用、リサーチ、ディレクション、マニュアル作成等

 

日本最大級のアウトソーシング 「ランサーズ」

https://www.lancers.jp/?ref=header_menu

日本最大級のアウトソーシングで有名な「ランサーズ」。安心の大手ですので、各ライターさんのこれまでの評価がしっかりと確認できます。

顔が見える認定ランサーのフリーランスのライターさんから、安価な価格で引き付けてくれるライターさんまで、多く所属していますので、予算に合わせて記事外注をお願いすることができそうです。

SEO対策の相談を行ってくれるライターさんの合わせての利用も検討できそうです。記事外注以外にも、様々なアウトソーシングサービスを利用することができますね。

価格は、利用するサービスとライターさんによって大きく異なることが多いので、詳細は公式webで確認することをオススメいたします。

 

業界最大級、登録ライター31万人を誇る 「Shinobiライティング」

https://crowd.biz-samurai.com/corporate/

業界最大級、登録ライター31万人を誇る「Shinobiライティング」。納品スピードが業界最速等、実績も豊富です。

更に、コピペチェックシステムで記事のコピペをチェックしてくれるだけでないほか、時間がない人に向けたWEB完結自動システムも非常に便利ですね。

価格も、5,000円未満の場合は事務手数料160円がかかってしまうものの、1文字1円(税抜)と相場の価格設定となっています。

■料金:1文字1円(税抜) ※5,000円未満の場合は事務手数料160円
■サービス内容:記事作成からコピペチェック

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、記事作成を外注することで得られるメリットデメリット、注意点、おすすめの記事の外注の外注業者をご紹介いたしました。

長くお付き合いできる記事外注サービスが見つからないと諦めているあなた。是非、記事の外注を再検討ください。

 

参考まとめ

劇的改善!初心者向けWebライティングの基本手順 | スタッフブログ | クーネルワーク – 新潟 ホームページ制作
https://cunelwork.co.jp/blog/web/web-writing-for-beginner/
OJTとは?いまさら聞けないOJTの意味や基礎知識とは | BizHint(ビズヒント)- 事業の課題にヒントを届けるビジネスメディア
https://bizhint.jp/keyword/88095
記事外注マニュアル作成のポイントとは | SEO研究所サクラサクラボ
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/outsourcing-manual
オンボーディングとは?新入社員が活躍する、組織作りの事例とツール【計7選】 | SELECK [セレック] https://seleck.cc/onboarding
ライティングのプロへ依頼/外注 – 料金・実績一覧 | クラウドソーシング【ランサーズ】5007人
https://bit.ly/2RMPwmu
オンラインアシスタントがあなたの業務をサポート HELP YOU
https://help-you.me/
Shinobiライティング
https://crowd.biz-samurai.com/corporate/
クラウドソーシングなら日本最大級の「ランサーズ」
https://www.lancers.jp/?ref=header_menu

アウトソーシングはHELP YOUで

アウトソーシングでHELP YOUが選ばれる理由


人手不足が深刻な状況で、アウトソーシングを活用する企業が増えています。
オンライン上で業務を代行するオンラインアシスタントサービスは下記の点で多くのお客様に選ばれています。


オンライン上での業務代行だから、

・雇用・派遣と比べて圧倒的に費用が安い
・働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数
・チーム制で1社につくので、複数業務のアウトソースが一括でできる

またHELP YOUの特徴として、
・業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間・コストが0
・専属ディレクターが付くので、一括で依頼をすることが可能
・人材が担保されているので、長期的な業務依頼が可能
となります。

無料相談も用意していますので、ぜひこの機会にアウトソーシングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?