採用コストを削減する鍵は「リファラルとインバウンド」

「採用コストを抑えたい」「採用コストがかかりすぎている」という悩みを抱えている経営者の方や人事担当者の方は多いのではないでしょうか。今回は採用コストを抑えるための対応策をご紹介します。

採用コストとは

採用コストとは、人材を採用する場合にかかる費用(経費)のことを指します。採用コストは外部コストと内部コストに分けることができます。

外部コスト

・求人サイトへの広告出稿料(求人情報の掲載)
・新卒者用のセミナー、会社説明会の開催費用(会場費や人件費等含む)
・採用のインセンティブ(紹介インセンティブなど)

内部コスト

・広告出稿の際の準備物(文章、写真)
・セミナーなどの資料作成
・採用者の選定(書類審査、面接)
・応募者対応(メールや電話のやり取り)

採用コストは、採用にかけた費用を項目別に算出し、その総経費÷採用した人数で計算することができます。なお、平均的な1人当たりの採用コストは新卒採用で50万円ほど、中途採用で80~300万円程度と言われています。

採用コストを抑える方法

リファラル採用を強化する

リファラル(referral)は「委託、紹介、推薦」といった意味。つまり、リファラル採用(リファラルリクルーティング)は、社員に友人や知人を紹介してもらう採用手法のことを言います。

リファラル採用は求人媒体に出稿したりセミナーや説明会を開催する必要がないので、その分のコストがかかりません。紹介した人が入社した場合に、紹介社員にインセンティブを渡す会社もありますが、おそらく前者よりもコストを抑えることができます。

また、コストを抑えることができるだけでなく、定着率の高さもリファラル採用の魅力です。
紹介社員は自社に合うと思った友人知人に声をかけ、その後面談を通じて採用された人は基本的に企業風土に合っている人材なので採用ミスマッチを防ぐことができ、結果的に定着率が高くなると予想されます。
さらに、紹介社員側も、友人知人を紹介して入社させた手前、会社を安易な理由で辞めることに抵抗感を覚え、こちらも結果的に定着率が上がるようになります。

採用コスト削減だけでなく、定着率も上がる可能性のあるリファラル採用は試してみる価値があります。

インバウンドマーケティングを強化する

なぜ採用活動をする際に求人媒体に出稿したり、セミナーに出展したりするのでしょうか?それは、その媒体や会場に就職希望者が集まっているからです。だからこそ高いお金をかけて広告を出し、求職者の興味を引くことができます。
しかし、広告媒体は当然ながら一社独占ではなく、多数の企業が出稿しているのでその中での比較となります。
より上位に表示されるようにしたり、多くの求職者の目に留まるような施策を講じるには追加料金がかかることがほとんどで、どんどんコストがかさんでいきます。

求人媒体の力を借りることも必要ですが、一方で自社のHPはきちんと作りこまれているでしょうか?
採用ページは用意してありますか?そのコンテンツは充実していますか?検索したときにヒットしますか?検索上位に表示されますか?

インバウンドマーケティングとは自社HPや、セミナー、ソーシャルメディアなどで有益な情報を発信し、見込み客(求職者)から見つけてもらうマーケティング施策のことを言います。
自社コンテンツが求職者を引き付ける力を持つようになれば、外部の力のみに頼らなくとも良くなります。

まとめ

採用コストを抑える方法をご紹介しました。単にコストを抑えるだけでなく、同時に定着率を高める採用手法を積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

HELP YOUに問い合わせをする

オンラインアシスタントサービス
HELPYOUが選ばれる理由


オンラインアシスタントサービスは、雑務をスタッフに任せることでコア業務に集中でき、業務効率の向上に役立ちます。
もしこれからオンラインアシスタントの導入を検討するのであれば、ぜひ価格情報も含めた各オンラインアシスタントサービスを比較してみてはいかがでしょうか。


HELPYOUでは、

・150社への導入実績
・元大手企業のキャリアウーマンが多く所属
・バックオフィス業務からデザインまで幅広く業務サポートができる

といった特徴があります。
無料相談・トライアルプランも用意していますので、ぜひこの機会にオンラインアシスタントサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか?