経理代行サービスとは?失敗しない選び方3つのポイント

経理代行に、経理業務を任せたいけど、どうやって選んでいくのがいいのだろう?

どんな業務を代行してくれるの?
コストはどれくらい?
選ぶとき、どんなことに注意するべき?

そんな疑問をお持ちではありませんか?

社内の効率化を図るには、代行サービスにアウトソースするのが一番効果的です。
実はよほどの事でない限り、経理業務に人を1人雇うよりも、安い費用で
経理代行サービスを利用することが可能です。

この記事では、

・経理代行サービスがどこまで業務を担ってくれるか
・費用はどれくらいかかるのか?
・選ぶときにどんなことに気を付けるといいか?

そんなすべての疑問にお答えしていきます!

 

経理代行の業務内容

経理代行の業務内容は、以下のとおりです。

・記帳業務
・給与計算
・売掛金・買掛金管理
・決算・申告業務
・年末調整業務

これらに加え、日々発生する文房具の購入や交通費の精算など、1年間すべての
経済活動を記録していくことが経理の仕事です。

個人経営者や、創業したての企業では、社長本人がこれらの業務を担っている
会社もあります。経理の知識がないと、コア業務以外に、経理に費やす時間を
作る必要があり、精神的にも大変ですね。

また、経理担当者がいても、ミスが多い、資金繰りが明確でない、
不正行為への不安などの問題点がある場合もあります。

経理代行を利用することによって、効率性を図ることができるうえ、資金運用を
明確にし、安心して会社経営に集中することを可能にします。

早速、経理代行サービスでよく使われる、記帳業務と給与計算について、
見てみましょう。

 

記帳業務を代行してもらう

記帳業務は、領収書の計算など、帳簿の作成業務です。
会社でかかった経費などのお金の動きは、全て記帳していかなくてはならない
義務があります。

領収書や請求書の整理をし、記帳するという作業は、かなりの時間を要します。
そのうえ、専門的知識が必要で、間違いは許されません。

その点、記帳業務の代行サービスを利用すると、これらの作業を代行サービスが
やってくれるので、本業に集中できるようになるのはもうお分かりの事と思います。

毎月代行サービスに提出するのはこれだけ!

・領収書
・取引会社との間に出た請求書
・通帳のコピーなど申告書類

経理業務に精通したスタッフが迅速かつ正確に対応してくれるため、
税務調査対策にもなります。

記帳代行業者にお願いするとなると、コストがかかるのではないか?と思う方も
多いです。

しかし、実は経理業務担当者を雇うよりも、経理代行サービスを利用したほうが、

・固定費をかけることなく委託できる
・さらにどの部分の代行を依頼するかによって、料金の調整が可能
・時間のかかる業務のみを委託する

など、柔軟に利用すると、コストダウンが実現します。

また社内に経理担当者を置かないと決めれば、会計ソフトを導入する必要もなくなり、
それらのコストも削減することができます。

 

給与計算を代行してもらう

給与計算には、年間を通して、様々な業務があります。

・毎月のお給料の計算と支払い
・年末調整
・住民税の計算など

給与計算にかかるコストは、2通りあります。

・専門知識をもった人材を教育するための教育費
・毎年の法改正時にかかる、システム更新のためのコスト

毎年法改正されるたびに、リアルタイムで情報をつかみ理解して対応しなくては
ならない為、まだ創業したばかりの会社、または中小企業で経営者自らが2足の
草鞋をしていくのは、とても大変なことで、ミスが出る可能性があります。

給与計算の代行も、同じく給与計算に精通したスタッフが迅速に対応してくれるので、
記帳業務と同様、コストダウンに加え、スピーディーかつ正確な作業を期待できます。

年末調整や賞与の時期は、特に経理業務が忙しくなります。そんな猫の手も借りたい!
時に、代行サービスを利用すると、社内で人員を増やすことなく、
忙しさを気にすることなく、スムーズに業務が進み、コア業務に集中できます。

【参考】記帳代行でコストカット!毎日の経理業務はアウトソーシングの時代へ

 

経理代行を選ぶ前に確認しておくこと

経理代行サービスを利用する!と決めたら、まずは準備が必要です。

・どの部分を委託するといいのだろうか?
・納期は大丈夫?
・個人情報がたくさん含まれているけど、大丈夫?

準備をしていると、代行サービス会社に確認することが、自然と浮かび上がってきます。

それぞれ、整理しながら見てみましょう。

 

社内での期日の調整が意外とたいへん!?

毎月の給与振り込みの期日、納税の期日など、賞与を払う月などなど、期日があります。
委託するために、社内ではある程度の準備をする必要があります。
代行サービスを利用するということは、ある意味、企業と代行サービスの
連係プレイによって、大きな利益が生まれるわけです。

経理業務で効率化が図れる一方で、書類や情報の受け渡しなどの時間も必要なため、
十分なスケジュール管理が必要です。

 

委託しづらい業務はどうすればいい?

経理業務のなかで、給与計算や記帳業務を委託することができても、勤怠管理や
従業員情報の更新などは、実は委託しづらく結局は社内に残ってしまうことも多いです。

最近では、それらの細かい業務までサポートしてくれるオンラインアシスタントサービス
があります。経理業務はもちろんの事、通常社内に残ってしまいがちな業務を、
月額サービス料金内で行ってくれるため、とても便利です。

 

社外での情報漏洩は大丈夫?

代行サービス会社にもよりますが、実作業を行うのは、契約社員、又はアルバイトと
いうケースがあります。

また、アウトソーシング会社から、別の会社に委託されているケースも
あるかもしれません。

社員の大切な個人情報や、給料などの情報を社外に渡したり、預けた書類の紛失など、
代行サービス会社へ預けた情報が安全に扱われているかどうかを確認するなど、
きちんとリスクを認識しましょう。

 

経理代行サービスの選び方①スキルと安全性

経理代行を利用すると決めたら、まずどのようなスキルと安全性を
それぞれのサービス会社が持ち合わせているか、比較しましょう。
比較するポイントをみてみましょう。

 

専門知識をもっているかどうか?

特に給与計算は、正確性が求められます。

・どのくらい専門知識をもっているスタッフがいるのか?
・どれくらいの実績を持っているのか?

を確認しましょう。のちほど、触れますが、委託した業務は社内で作業されるのか、
それとも社外のアウトソーシングサービスに委託されるのかも、確認しておくと
よいでしょう。

 

対応スピードと柔軟性はあるか?

社内で、業務が行われるわけではないので、どれくらい作業が進んでいるかは
見えません。

毎月の給与振り込みの日や納税の締め切り日などから、どれぐらいの対応スピードと
柔軟性があるのか確認しておきましょう。

振込日に間に合わせるために、社内で行わなくてはならない作業を、いつ、どこまで
行わなくてはならないか、代行サービスと連携したスケジュール管理が重要です。

 

情報管理の安全性は大丈夫か?

従業員情報や給与情報を社外に渡すため、個人情報を守るためにも、
代行サービス先がどのようにセキュリティー対策をしているか、確認して
おきましょう。

 

料金はどれくらいか?

求めるサービスと、安全性、自社のスケジュールに対するスピード感と柔軟性などの
サービスを見ながら、どれが、一番自社にあった料金かを考えていきましょう。

 

経理代行サービスの選び方②費用面


経理代行サービスを利用する際に、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか?
企業にとっては、事務負担が多くなることが多いですが、アウトソーシングを
委託している企業にとっては、全てをシステム化して行うので、それほどの負担が
ありません。

経理代行サービスの一般的な相場は、以下の通りです。

・記帳代行 880円~1000円
・経理代行全般 月額約3万円~
・決算書作成や法人税申告書代行 49,800円~149,800円
・給与計算代行 900円~2,000円/人
・年末調整代行 500円~2,000円/人

このように、代行を頼む作業によって、料金は違います。

 

オンラインアシスタントサービスに代行すると、もっとお得!

経理代行サービスでは、作業によって料金が決まっていましたが、
実はオンラインアシスタントサービスに経理代行を委託すると、経理業務の
範囲を超えた業務を委託することも可能です。

オンラインアシスタントサービスでは、月額でサービス料金が設定されて
おり、例えば、急を要する案件が出てきた場合、既に委託していた業務が
経理業務であっても、、総務、秘書、デザイン業務なども月額内で
請け負ってくれます。

こんな柔軟性を持ったサービスを利用する企業が、実は最近増えています。

 

経理業務などを、オンラインアシスタントサービスに委託した例

株式会社HF.Mさんは、ウェブメディアの運営とメディアコンサルティングで
ホームページ作成などの2つの事業を手掛けておられます。

会社を立ち上げたころから、経理、会計、総務や人事などなどやらなければ
いけない事務作業が多かったそうです。

本業が何なのかわからなくなった
ときに、オンラインアシスタントサービスに出会いました。

今では、ルーティン作業として、

・請求書
・見積書の作成
・採用活動の連絡対応
・資料作り、調査など

多岐にわたりサービスを利用しています。
オンラインアシスタントサービスに依頼することにより、本業に集中できる環境を
作ることができ、時間の有効利用によって売り上げアップにつながっています。

【参考】幅広いバックオフィス業務で重宝 株式会社HF.Mさま

 

経理代行サービスの選び方③業務範囲面


企業内で行う経理業務は、おもに3つに分かれます。

1.記帳業務と損益の算出業務
2.現金管理とそれにかかわる書類管理
3.確定申告

1の業務は、一般的に記帳業務と呼ばれるもので、領収書などの必要書類を送れば、
数日後には記帳された状態で受け取ることができ、事業の損益を把握することが
できます。

2の業務に関しては、現金管理を外部に委託することになるので、
リスクが多いでしょう。

3の業務に関しては、委託できません。理由についてご説明しましょう。

 

確定申告は、代行サービスに委託できないの?

確定申告に関しては、税理士の独占業務とされているので、本人か税理士以外が
税務書類の作成を行う事は法律で禁止されています。

税理士に、経理業務をアウトソーシングすることももちろん可能です。

しかしながら、税理士の場合、経理代行サービスと比べると、通常決算まで含めた
年間契約の場合が多く、期の途中での変更などが困難な場合が多いです。
 

委託できる業務は細かく、沢山ある!

記帳業務と損益の算出業務以外にも、委託できる業務は細かく沢山あります。

・給与や税金の変動による社内人事システムの処理
・勤怠管理システム
・各種システム
・データの管理と人事業務全般など

社内でどの経理業務に一番時間がかかっているか、専門的知識が必要ではあるが、
そこまで知識が追い付いていないなど、困難になっている作業をピックアップ
することが大切です。

業務範囲をしっかり把握しておくことにより、余分な委託費用を抑えることも可能です。

【参考】給与計算業務のアウトソーシング会社の選び方

 

おすすめの経理代行サービス

ここまで、経理代行サービスの選び方や選ぶにあたり、気を付けるポイントを
ご紹介しました。それらを網羅した、おすすめの経理代行サービスをご紹介しましょう。

 

HELP YOU

HELP YOUとは?
簡単にいうと、業務に追われる忙しい毎日を、バーチャルアシスタントが
チームでサポートするアウトソーシングサービスです。

・本業に集中したいけど、雑務が山ほどあって集中できない!
・急に、欠員がでてしまったけど、すぐに人を雇う時間がない!
・一部の業務にハイスキルな人材が必要!

そんなとき、HELP YOUを導入するだけで、複数のスキルを持ったアシスタントが
特別チームを結成してサポートします。

【実績】
250社以上のアシスタント導入実績

【HELP YOU導入のメリット】
・採用コスト・人件費・間接コストがゼロ!
・専属アシスタントが窓口で業務を集約!
・採用率1%の難関を制した、優秀なスタッフがチーム体制でサポート!
・雑務の時間をなくし、コア業務に集中できる!
・最短3日で、アシスタントの導入を実現!
・継続利用率97%以上の実績!

【対応可能業務】
HELP YOUでの対応可能業務は、以下の通りです。

対応業務一覧表

【HELP YOU】公式サイト

 

Q-tax経理代行センター

支援実績300社以上、創業30年のQ-tax経理代行センターは、「あったらいいな」と
思われる、さまざまなサービスを企画・提供している会社です。

3年間の経理業務を経験したスタッフが担当するので、確実で素早い定評があります。
また情報漏洩のセキュリティーもしっかりしているため、上場企業からの依頼も
あります。領収書などをファイルに入れて郵送するだけで、会計ソフトを用いて、
入力・仕訳代行などを行い、処理後、月次試算表などを届けてくれます。

【業務内容】
・経理全般
・会計記帳
・給与計算など

【料金】
代行入力プラン(法人のみ)100仕訳まで 15.000円 / 月
給与計算 1件 1.000円など

【参考】Q-tax経理代行センター 

 

まとめ

経理業務は、とても細かい作業が多いうえ、専門的な知識が必要であることが
お分かりいただけたと思います。

中小企業や創業したばかりの会社は特に、コア業務に集中するためにも、
経理代行サービスのご利用をお勧めします。

業務ごとの委託ももちろんですが、月額内で、経理業務以外の社内の様々な業務を
サポートしてくれるオンラインアシスタントサービスは、社内の細かい雑務を
少なくしてくれるので、とてもお得なうえ、生産性がUPします。

HELP YOUでは、無料相談も行っています。お電話ではもちろん、
下のフォームからご相談内容をお送りください。
あなたの会社をトータルサポートさせて頂きます!
まずは、ご相談ください!

アウトソーシングはHELP YOUで

アウトソーシングでHELP YOUが選ばれる理由


人手不足が深刻な状況で、アウトソーシングを活用する企業が増えています。
オンライン上で業務を代行するオンラインアシスタントサービスは下記の点で多くのお客様に選ばれています。


オンライン上での業務代行だから、

・雇用・派遣と比べて圧倒的に費用が安い
・働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数
・チーム制で1社につくので、複数業務のアウトソースが一括でできる

またHELP YOUの特徴として、
・業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間・コストが0
・専属ディレクターが付くので、一括で依頼をすることが可能
・人材が担保されているので、長期的な業務依頼が可能
となります。

無料相談も用意していますので、ぜひこの機会にアウトソーシングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?