経理代行サービスとは?煩雑な業務はアウトソーシングで業務効率化!

企業経営において、給与計算、売掛金管理や決算書作成といった経理業務はかならず発生してきます。

・専門知識のある人材がいないので自社では手がまわらない
・経理と他の業務を兼任しているためコア業務に集中できない

といった悩みをかかえていませんか?
社内に経理部など専門の部署を設けていない企業も少なくないでしょう。

そのような問題を解決するためにおすすめしたいのが、経理代行サービスです。

ひとことで経理業務といっても、専門知識が必要なうえ、その内容は多岐にわたりますが、これらの業務はアウトソーシングすることができます。

今回は煩雑な経理業務の効率を向上させる、経理代行サービスについてご説明します。

経理代行サービスとは?

経理代行サービスと聞いて、これまで経理は社内で行う業務であり、アウトソーシングできないと思っていませんでしたか?

「経理代行」とはその名のとおり、自社の経理業務を外部の企業が代わりに行うことをいいます。

経理代行サービスが注目される理由

実は経理業務の中には、単純なルーティーン作業になっており、誰でもできてしまうことも数多くあるのをご存知でしょうか。
ルーティーンでできる業務だからという理由で、社員の時間を割いてしまうことは、非常に効率が悪いといえます。

そこでこういった経理業務の効率を向上させる方法として、企業向けに経理代行サービスが注目されるようになってきたのです。

経理代行サービスを導入する背景

経理代行サービスを導入する背景としては最初にご紹介した、自社で手が回らない、コア業務に集中できないといった問題が主な理由といえます。

これまでアウトソーシングというと、データ管理やWebサイト運営などのIT関連が中心でしたが、最近では労務管理や総務関係、物流部門などの業務の代行サービスも珍しくない時代になりました。

経理代行と記帳代行の違いは?

経理業務をその企業に代わって行う「経理代行」がある一方で、経理代行とは別に「記帳代行」というサービスも存在します。
記帳とは、入出金の記録を帳簿に記録する作業のことです。

どちらも企業がアウトソーシングして利用しますが、「経理代行」は経理業務全般であり、「記帳代行」は経理業務のひとつである記帳を行うという点で違いがあります。

経理代行サービスで依頼できる業務とは?

それでは経理代行サービスを利用すると、どのような業務を依頼できるのでしょうか。
具体的にご紹介しますが、下記以外の業務も代行してもらえる企業もありますので、委託する前に確認しておくことをおすすめします。

給与計算

給与計算は従業員がいるのであれば、毎月かならず発生する業務です。
また、毎月同じ額を支払えばいいという訳ではなく、変動があるため繁雑性が高い業務でもあります。

社内で最も多忙になるであろう、11月から12月にかけてに行う年末調整に必要な源泉徴収票や支払調書の作成も依頼することができます。

記帳業務

経理の基本とされるのが記帳業務です。

通帳のコピー、請求書、領収書などの必要書類を預けることで、入出金明細や取引記録を会計ソフトに入力して管理してもらえます。

従業員が多いほど、経費精算の手間が増えるため、時間がかかるのは事実です。
本来の業務に専念する大きな手助けとなってくれるでしょう。

売掛金・買掛金の管理

商品もしくはサービスの引き渡し時にその場で現金支払いをせず、決められた期日までに後日支払い行う掛取引は現金取引の場合を除き、ほとんどの企業で行っています。

取引先からの入金確認や仕入先・外注先への支払確認は日常的に発生するものですが、こういった業務も代行依頼することが可能です。

決算書の作成

記帳代行同様、通帳のコピー、領収書、請求書を預けることで1年分の決算報告書を作成してもらうことが可能です。

また、専門的な観点から決算結果の詳細な分析や新年度の改善提案まで対応可能な業者もいますので、毎月決算を行う企業の場合は、月次決算報告書や業務報告を行ってくれます。

税務申告書の作成・申告業務

事業にかかわってくる法人税、事業税、消費税、所得税、住民税などの税務申告書を作成してくれます。

ただし、税務申告は税理士事務所か税理士法人でなければ法律上、代行してもらうことはできませんので注意が必要です。

経理代行サービスを利用するメリットとは?


ここまでの解説で、経理代行サービスの具体的な内容はお分かりいただけたでしょうか?
次に経理代行サービスの導入によって自社にもたらされるメリットには、どのようなものがあるのかみていきましょう。

余計な手間から解放されコア業務に集中できる

前述のとおり、専門知識を持たない人が担当するには多大な負担が伴います。

本来行うべき本業の片手間に時間を割かなければならない煩わしさから解放されることで、より業績アップのために集中できるのは、企業にとって大きなメリットであるといえるでしょう。

経理担当者にかかる人件費を削減できる

正社員として経理担当者を雇った場合に比べ、経理代行を導入することで年間およそ数十万~数百万円ほどの人件費をカットすることも可能になります。
代行サービス費用は発生しますが、常駐の担当者を雇うより遥かに安価となるでしょう。

例えば月内のある一定の期間で行って欲しい業務など、好きな時にスポットで依頼できるのも大きな魅力です。

的確な作業で正確な損益を把握できる

実際に経理代行を行うのは、専門知識を兼ね備えたプロフェッショナルですので、迅速且つ的確、そして何よりも正確な経理業務を依頼できます。

たとえば「毎月の決算レポートを出して欲しい」といった要望にも応えてくれますので、自社で算出するよりも正確な数字を得ることができるでしょう。

最新の税制を有効活用してくれるので損をしない

経営者の中でも、税制を有効活用できていないというケースは少なくありません。
税制度が多様に変化する昨今では、最新税制を有効に活用するために常に情報収集をする必要がありますが、専門的知識なので把握が難しいのが現実です。

代行サービスによっては、税務の専門家である税理士にバックアップを依頼している企業もあります。そういったサービスを厳選することで、最新の税制改正の有効活用が可能となり、節税対策につながる場合も考えられるでしょう。

経理代行サービスを利用するデメリットとは?

次に、経理代行サービス導入のメリットに続き、デメリットにはどのようなものがあるかをみていきましょう。
あらかじめ把握しておくことで、トラブル回避につながる場合もあります。

自社の社員を経理担当者として育成するのが難しい

経理代行を行うのはあくまで外部の人間なので、社員がそこから企業内で必要とされるノウハウを学ぶことはできません。

経理担当者をおかない企業にとっては非常に便利なサービスではありますが、何かのきっかけで、自社で新たに経理担当者を雇用することも考えられます。

その場合、経理代行業者が新たな経理担当者の教育を行ってくれるわけではありませんので、経理担当者の育成や業務の引き継ぎなどで不便が発生する可能性はあるでしょう。

情報漏えいの危険性がある

代行業者に経理業務を委託する際にあたり、本来は社外秘とされる重要資料や内部資料を開示もしくは送付する必要が生じてきます。

企業にとって経営上の数字は最も重要な部分であり、委託する際にはすべてを晒け出すことになります。競合他社に情報が漏れてしまう可能性もなくはありません。

情報漏えいを防ぐためにも、委託先のセキュリティ体制については、予めお互いでしっかり確認しておきましょう。

経理代行サービス費用の方が高くついてしまう場合がある

上記でご説明したとおり、必要な業務のみを依頼することが可能であるのは経理代行のメリットですが、逆にそれがデメリットになる可能性もあるので注意が必要です。

代行業者は通常、委託内容によって様々な料金設定をしていますが、急ぎの場合やボリュームが多くなるとそれに準じた金額を請求されることになります。

派遣社員や一定期間のみ人を雇い入れるよりも高額になってしまうケースも考えられるので、社内で費用のシュミレーションを行うのもおすすめです。

おすすめの経理代行サービス

これまで経理業務のアウトソーシングが求められるようになった背景や具体的なサービス内容などについてご説明してきました。
以下ではぜひ経理代行サービスの導入したい!という方向けに、おすすめの企業をご紹介します。

HELP YOU

https://help-you.me/


HELP YOUは採用率1%の難関をクリアしたという、優秀なアシスタントがチームであなたの業務をサポートしてくれます。
書類スキャン、経費整理・記帳、クラウドツール導入サポートなどさまざまな業務を依頼することができます。

また、バックオフィス業務全般のアウトソーシングサービスをおこない、企業をトータルでサポートしているのも魅力であるといえるでしょう。
経理代行サービスの導入を検討している場合には、ぜひともおすすめしたいアウトソーシングサービスのひとつです。

 

 

NTTビジネスアソシエ

https://valuepartner.ntt-ba.co.jp/solution/accounting_sourcing/

豊富なノウハウと膨大なナレッジに基づいたサービスを提供するNTTのグループ会社、NTTビジネスアソシエのご紹介です。

伝票処理など稼働がかかる日々の業務から月次決算、さらには専門スキルが要求される各期の決算に至るまでサポートしてくれます。
予算に合わせた部分的なアウトソーシングからフルアウトソーシングまで、要望に合わせて柔軟に対応してくれるのも魅力的です。

 

NOC日本アウトソーシング

https://www.noc-net.co.jp/account/

経理に関連した業務全般の問題や課題を把握・整理したうえで、最適な業務運用を提案してくれるNOC経理アウトソーシングのご紹介です。
庶務業務、給与計算業務も含めたトータルサービスも提供しています。

社内での運用とNOC社内での運用を選択できたり、新経理システムの導入を前提としない、システムの選定・導入支援も特徴的な経理代行サービスです。

まとめ

今回は、専門知識を持たない社員や個人で行うには時間的にも精神的にも負担の大きい経理業務の代行サービスについて解説しました。

導入のコストをかけても、本業に集中できたり社内業務がスムーズになるなど、メリットはたくさんあります。
自社のために投ずる広告費とは異なりますが、その費用対効果を一度考えてみるのもよいでしょう。

今まで見えてこなかった経営の真髄やその先のビジョンが明確に把握できるかもしれません。
会社の成長や利益アップが、経理代行サービスがもたらすメリットから生まれる可能性もあります。

「コストと引き換えに、貴重な時間を作る。」

経理業務における自社の現状を把握したうえで、課題となっていることを見直しつつ、経理代行サービスをうまく活用してみてはいかがでしょうか。

また、経理代行サービスを選ぶポイントや費用相場については、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

経理代行サービスとは?失敗しない選び方3つのポイント
https://help-you.me/blog/accounting_outsourcing_knowhow

【調査】経理代行の費用相場とは? 気になる業務別の目安
https://help-you.me/blog/accounting_market

間接部門をコストセンターから脱却させる3ステップ!生産性向上のヒントを公開

貴社の 生産性向上診断付き!
Saasツール導入とアウトソース化による生産性向上事例


日本企業が抱えている「生産性」の停滞、人手不足といった問題。
2030年には日本全体で約700万人の人材不足が予測されています。
そうした状況の中でも伸びている会社とはどういう会社なのか。

「今ある労働力をどう最大化させるか」「新しい労働力をどう確保するか」の観点からどうすれば伸びる会社となるのか、具体的な取り組みをご紹介します。



今回は間接部門と言われるバックオフィス業務(総務・人事部門、経理部門、調査部門、研究開発部門、顧客管理部門など)に焦点をあて、

・業務のアウトソース
・ITツール導入による業務の効率化・情報のデータ化
・雇用形態の多様化を導入

のステップで間接部門の生産性向上を図る取り組み例をご紹介します。

今、注目されている生産性向上の一手段として、参考になれば幸いです!